脱毛できない 部位

脱毛できない体の部位は?

脱毛できない部位は?

脱毛サロンや医療機関で脱毛をする人は多くいます。
みんな自分の体の気になる点を脱毛する為に通っているのですが、多くの人は脇や脚などの部位を脱毛していきます。
しかし毛の生え方は人それぞれなので、中にはこんなところを脱毛するの?と思うようなところを言ってくる人もいます。
では体の中で、脱毛が不可能な場所というのはあるのでしょうか?

 

最近主流となっているレーザーやフラッシュは、黒いものに反応します。
ですのでほくろ・シミ・酷い色素沈着・日焼け後の肌・髪には照射することができません。
よくほくろから毛が出ているのでどうにかしたいということも聞きますが、
ほくろの中に根元があるのであればそれは脱毛できないということなのです。
もちろん施術もほくろやシミなどを避けての施術となります。

 

なぜ上記のものに照射できないのかというと、機器が反応して火傷を起こす可能性があるからです。
火傷を起こすと酷い場合は跡が残ります。
脱毛に行ってせっかく綺麗な肌になろうと思ったのに、火傷の跡が残っては意味がないですよね。
ですので上記の部位の施術はあきらめましょう。

自らの手でワキ脱毛をする時機としては、シャワーから出た時点が一番良いでしょう。
脱毛した後のボディローションなどでの保湿は直後にやるのではなく、その日の夜は我慢する方が賢いという美容論もあります。
ちゃんとした脱毛処理には、それ相応の時間とお金がかかるのは間違いありません。お試し的なコースで施術してもらい、あなたの肌にマッチする脱毛法の種類を見極めていくことが、サロン選びで後悔しないノウハウになります。
リーズナブルな金額で利益が出ないからといって適当にあしらわれる恐れはありません。ワキ脱毛だけ申し込むのであれば1万円札でお釣りがくる料金でまず問題ないでしょう。いくつかのキャンペーンを細かく調べてじっくり考えてください。
夏前に希望者が殺到するワキの永久脱毛のメジャーな内容としては光脱毛、電気脱毛、ニードル脱毛等に絞られます。特別な光線に皮膚をさらして毛根を機能不全にし、毛を除去するという事です。
VIO脱毛のVはビキニライン、Iは性器の辺り、最後のOはおしりの穴の周辺の毛を取り去ることです。ここのゾーンを自宅で市販品で脱毛するのは肌トラブルを起こす可能性が高く、アマチュアにできることではないと多くの人が思っています。

続きを読む≫ 2014/05/18 22:26:18